読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしたちに明日はない

映画をよく観てます

感想:「SING/シング」★★★☆☆

映画

 

    適当に、いままで映画館などで目に着けば応募してみたりしていた試写会。数打ちゃ当たるというふうなことを上司に言われたけれど、そもそもどこで応募できるのかあまりわかっていないので、映画館で応募できるようなものしかしたことがない。雑誌とかテレビ局とか、よく試写会応募募っているらしいけれど。あんまりテレビ観ないし…。

    今回地方の映画館(最寄り)で応募してみたらなんと当たったので、友人を誘い合わせて行ってみました。劇場には見渡すばかりの親子親子親子…びっくりするほど子供ばかりで、キャラクターがオナラを連発するシーンではみな大爆笑(微笑ましい限り)、平日だからそうなるのかな。わたしも仕事を切り上げてバタバタ向かいました。

 

 f:id:floweroflife:20170316131638j:image

 

    ミニオンシリーズの映画が好き、というかミニオンが好きなので、ミニオンを生み出すイルミネーションの前作「ペット」も映画館で観ましたが中身のないこと…。わたしはイルミネーションの映画が好きというよりミニオンそれ自体が好きなんだと分かり、今回もそこまで期待をしていなかったのですが、「ペット」よりも全然良かったです。

    最近でいうと「ラ・ラ・ランド」といい「シングストリート」といい、良き音楽は映画を最高のものに仕上げますよね…「SING」も世に親しまれる音楽たちとともに動物たちがパフォーマンスするというだけでグッドです…。ストーリーはそこそこだったけれど、最後のステージできれいに締めて楽しく終わらせてくれたので、満足でした。

    ストーリーは、傾いた劇場を立て直すために音楽ショーで一発逆転を狙う劇場支配人コアラと、その音楽ショーに出ることで自分を変えたい、夢を叶えたい、一攫千金、などなど様々な想いを抱えた動物たちがオーディションに挑み、ステージにあがるんだぜ〜みたいな話なんですが。

    もっとグンターさん活躍しても良かったよ!いやステージでも輝いていらっしゃいましたけど、もっとロジータとの関係を深くしてほしかった!バディな感じを深めてほしかった!

    グンターとロジータのステージが一番好きかもしれない。ロジータの、日頃の主婦の顔を脱ぎ捨てて魅力的なひとりの女性として(ブタさんに女性というのは違和感…?)華やかに堂々とステージに立つ姿にすこし涙が…。

    でもね、ロジータが何十匹もいる子供たちと毎日仕事で疲れ果ていて周りが何も見えていない旦那さんの世話をするマシーンを作ってそれに任せ、代わりに自分はショーの練習に励むというところでさ、最後マシーンが壊れるまで誰もロジータの不在に気づかないのかわいそうすぎる。もうすこしはやく気づくべきだし気づいたあとに旦那さんからショーへの感想やわかりやすい熱烈なキスでなくもう一言かけてほしかった…。まあ誰も気づかないのがギャグなのだろうけども。

 

    ゴリラ親子のくだりも涙がでそうに…。ただゴリラのジョニー演じるスキマスイッチ大橋さんとその父ゴリラ演じる石塚運昇さんの演技力の差が気になったりならなかったり。けれど歌は安定のクオリティだったので、歌に重きがおかれていれば良しかな。

 

    どっかでミュージカル映画とうたわれていたけど、ミュージカルではないような…?確かに歌は歌うけどステージで歌うってだけで。

 

    あと、今年初映画で爆笑してしまったシーンがありました。わたしに限らずみんな笑ってました。いや予想はできたんだけど、その展開をまざまざと見せられると笑いがとまりませんでしたよ!

    お父さんが洗車事業してましたって前情報のときに「ブレイキング・バッド」のウォルターホワイトさんを思い出しました。なつかしいね。

    はりねずみちゃんが失恋をふっきるソングを歌いあげている姿をみたときは「はじまりのうた」のキーラナイトレイをぼんやり思い出しました。失恋は稼働力でもあるのだ!

 

    春休みにみるにちょうどよい映画だと思われます。音楽映画はやっぱり映画館でね!

 

 

おわり