読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flower of life

映画をよく観てます

感想:「何者」★★★★☆

 

    下書きからシリーズ第二弾、この映画も個人的に激推しで熱く感想をわりと長くしたためてあったのになぜかアップしていませんでした。

 

 

 

 

 f:id:floweroflife:20170221183956j:image

 

    休日、予定と予定の間があいていたので映画でもみようとおもって、「ガール・オン・ザ・トレイン」がなんとなくそのとき観たかったのですがちょうどいい時間になく…。時間的にタイミングがよかったのでそこまで観るつもりはなかった「何者」を観ることに。

    なんとなくチャラそう(ディスではない)だし約90分だしお手軽〜と思って観たのに、映画が終わりエンドロールで主題歌「NANIMONO」が流れ始めた途端なぜか腹の底からこみ上げるような涙が…。「なんで?!」とその涙を不審がる気持ちもあって、そこはグッとこらえましたけどね…なぜか涙が…ああ…。

 

    とてもグサグサくる心に痛い映画でした。思いあたることがたくさんありすぎてしにそうになる。特にわたしは就活経験がまだ記憶に新しく、就職してからまだ何年もたっていません。

    あのたった半年でわたしは自分の人生を半ば決定付けてしまうような判断を下し、結果その仕事を楽しんだり苦しんだりしながら職場の人たちにも恵まれて、「悪くないな」と思う反面わたしはなんでこんなことをしているんだろうもっとやりたいことがあるんじゃないだろうかと、いまもなお「何者」にまだなりきれてない感が半端ない若者なのです…。きっともうあと何年かしても転職せずにいれば、このままこの仕事がわたしの生き甲斐にまではならなくとも自分のアイデンティティに取り込まれることになるのでしょう。

    かといってほかになにかやりたいことがあるのかと言われれば、現状恵まれたほうだと思っている職場(支店にもよるのであくまで現状ですが)を自ら離れてまでやりたいと思うことはとくになく。転職する気もとくになく。なんて夢のない人間なんだろうと思ってしまいますよね〜。

    好きなことやりたいことではなく、与えられた仕事を自分のやり方でやるというのが、これが大人になるってことなのか…。「セクシーボイスアンドロボ」というドラマ(原作は漫画)を観ていてそんな内容で雰囲気のセリフがあったような。当時学生だったわたしにはふ〜んでしたが今は痛いほど…。

 

    とにかく感じ入ることが多くありすぎてそして、最後には送り出してくれてる感あるラストにやられ、もうとってもいい90分でしたよ〜。有村架純ちゃんかわいいとおもったことなかったけどちょうかわいかったよ〜白くてぷくぷくしてるのがとてもかわゆい。

    あと菅田将暉くんの役けっこう好き〜あのバンドマンでテキトーやってるけどわりとやらなきゃいけないときはなんだかんだいいつつがんばっちゃえる主人公気質も併せ持ちつつロマンチックな面もありなとこすき〜。

    そして主人公佐藤健佐藤健と気づかなかった。エンドロールで「そっかそうだったか!」と思い出すという。二階堂ふみちゃんは「立ってられないから」演技が印象的すぎて多分しばらく覚えてる。岡田くんもそれっぽさ半端なかった。(簡潔)

    とりあえず役者陣とてもよかった〜好きだった〜。

 

    最後にしっかりと?どんでん返しというかバラしというか、ひと盛り上がりできる映画です。オススメ。誰しも思い当たることが過去にあるはず。

 

 

おわり