読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしたちに明日はない

映画をよく観てます

物欲の秋/私的映画メモ

映画


f:id:floweroflife:20151116204349j:image



    秋っていい季節。憂いみたいなものが感じられる季節。季節の移ろいを一番感じることができる。秋物のアイテムとかも、ひときわかわいい。秋はほかの季節よりもみんなが大人びてみえる。

    いまほしいものは、ナイキの紺色の靴。黒でも可。いまはグレーの靴を履いているのだけれど、気に入って雨の日も風の日も関係なく履いていたらドロドロになってしまった。洗ってもみたのですが、またすぐにドロドロに。わたしの歩き方が悪いのかな。
    もしくはあの、メーカー名が思い出せないのだけれど、側面にルーズリーフの端っこのような模様が入った靴。わかります?あの丸が四つくらい並んでいる靴。


    あとマフラーを新調したい。KBFあたりで見繕いたい。しかしスヌードよりマフラー派。あのスヌードのシティガール感はわたしには似合わない…。
    冬はマフラーが手放せないさむがりなわたしなので、ひとついいものを買って、それを毎日首に巻いて家を出たい。なのでなんにでもあうものがいい。そしてなによりあったかいものがいい。


    あとチェスターコート的なアレも手に入れたい。去年はコクーンシルエットとやらを買ってそればかり着ていた。今年は社会人になったわたしなので、通勤時にはシルエットのすっとした、大人の女性になれるものがいい。
    大人の女性になるための靴も、スニーカーとは別に新調したい。パンプスでもなんでも、ヒールがすこしあるものがいい。ただあんまりにもヒールが高いと、すぐにくじけるわたしなので、ちょうどいいくらいの高さがいい。


    マニキュアは、秋色のものがほしい。指先に秋をちらつかせていたい。オフの日は派手に、仕事の日はさりげなく。





    徐々にスターウォーズ最新作の祭囃子が聞こえてくるようになりました。わたしもこのビッグウェーブに乗りたかったけれど、スターウォーズシリーズを一度もみたことがなくスペーシーなジャンルにあまり興味がないので、外から眺めているだけでおわりそうです。

    あとクリストファー・ノーラン監督の「メメント」のリメイクが決定したそうですが、なぜあれをいまリメイクするのですかね?製作陣はそのハードル高いのは百も承知だろうし、その高いハードルを越えることをわたしは別に期待もしていないのに。


    とりあえずギルレモ・デル・トロ監督最新作「クリムゾン・ピーク」がたのしみなのではやく年が明けてほしい。でも同監督の「パンズラビリンス」とか劇場で直視する勇気はわたしにはないだろうに、「クリムゾン・ピーク」は劇場に足を運ぶつもりでいます。大丈夫かな。


    とりあえずまたスパイ映画(作品名をうつのが面倒なタイトルだった)が最近公開されたみたいなので、こんどそれをみにいきます。
    そして12月下旬に「キングスマン」のDVDが発売になるそうで。友達が「即購入絶対!」と息巻いていたので、私の家で鑑賞会をしようという約束を取り付けました。わいわい話しながら観るのも楽しそうな作品です。



おわり