読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flower of life

映画をよく観てます

暑中お見舞い



だんだんと暑さが増してきましたね。暑中見舞いを書くつもりでいるのに、まだ4枚しか書けていない。ぼうっとしていたらすぐに残暑見舞になってしまうだろうな。ただ、体感的残暑は9月頃まで続くだろうと思うので、べつにいいかなと思ってしまう。なにせ手書きで30枚ほど書くつもりでいるのでね。

しかしハガキを予定より多く買ってしまったので、どうしたものかと思っている。もう書く相手が思いつかない。ツイッターで素敵な絵を公開している方は、暑中お見舞い送る相手を募集して、みんな喜んでリプライを飛ばしていた。ネットで知らない誰かに暑中お見舞いを送るのも素敵だなあと思うけれど、知らない他人が欲しいと思うほどの絵の才はわたしにはない。
そんなわたしのような者がネットでほかのひとに暑中お見舞いを送る場合、相手もきっと送りたいと同様に思っている場合がだいだいだろうな。けれどもブログを公開していながら住所を知らないひとに晒すのは若干の抵抗がある。お互いのブログを読みあうなかならまだしも。
昔ネットで文通相手を探したことがあったけれど、あれは楽しかった。ブログを介して募集したわけではないので、お互い住所と名前しか知らない状態で、不思議と安心感があった。何人かとそうして文通をしていた時期の手紙は、いまも押入れのなかにしまってある。


とりあえず余計に買ってしまったハガキは、クロスワードの答えをハガキで送ると抽選でプレゼント!みたいなやつに一枚使った。ほかにそういうのないかな〜。探してみよう。


わたしはひとのブログを読むのがもともと好きなのですが、どうやって自分の好みのブログを探したらいいかわからない。最近まで購読していたブログが五つあったのだけれど、うち二つが閉鎖、一つは更新がしばらくなく、ひとつは方向性をがらりと変えてしまったので見るのをやめた。
つまりいまわたしの楽しみなブログはひとつしかない。ちょっとそれは悲しい。
ネットでひとの日記や思想が読めるというのはとても魅力的なポイントだと思っているので、もっと活用したい。ツイッターも活用したい。



おわり