読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしたちに明日はない

映画をよく観てます

喫茶店と帽子

今日のはなし


小さな喫茶店で紅茶を飲みながら絵を描きました。久しぶりに真剣に模写をしたのだけれど、紅茶を零してしまって、紅茶で着色したかのようになってしまった。それも二度も。
喫茶店では顔馴染みの客と思しきおじさんが、うちの家内が家内がと、奥さんの話を喫茶店の店員さんにして聞かせていた。その年をいくらか召された女の店員さんも、ウンウンとその話を聞いており、その会話をBGMに、ひたすら絵を描いていました。
F氏は面接対策の本を読んでいました。彼はコーヒーを頼んでいて、その飾り気のない真っ白の陶器がとても綺麗でした。わたしはレモンティーを頼み、本格的なティーセットで出てきたのをみて、イギリスで過ごした日々がふと思い出されたのでした。

そのあと立ち寄った古着屋で、かんかん帽の、帽子をぐるっと一周している部分がレースになっているものを見つけ、わたしは普段帽子を被らないのだけれど、似合う似合うと褒めてもらうとその気になってしまい、購入してしまいました。
店員さんにタグを全部切ってはもらい、店を出たあとに被りました。日が暮れてしまっていたのが残念で、また天気のいい日に被って出歩きたいなあと思いながら被って帰りました。


研修は残り一週間。とてもさみしい。終わってしまえばみんな散り散り。まだ現場で働きたくないという気持ちと、はやく働いて慣れてしまいたいという気持ちがせめぎ合い、寝れずにいます。



おわり