読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしたちに明日はない

映画をよく観てます

KEYTALKとthe cabs

今日のはなし 音楽のはなし


境界のRINNEというアニメを、高橋留美子ってほんとうに天才だな〜と思いながら観ていて、2話目を見始めたところでOPの既視感ならぬ既聴感にみまわれました。あれ?この調子はKEYTALK?と思ったらビンゴでした。

わたしはKEYTALKのボーカルがもうひとつ別に組んでいたthe cabsというバンドが好きでした。いろいろあって2年前?くらいに解散してしまい、とても残念に思ったのを覚えています。行く予定だったワンマンライブも、突然の解散だったのでなくなってしまいました。
KEYTALKとthe cabsはカラーが全然違っていて、わたしはKEYTALKよりも、the cabsの透明で静かに激しくて、聴いていると目の前に景色が広がるような曲たちが好きでした。ボーカルの伸びやかでおだやかでなだらかな声が活かされているのはthe cabsの楽曲のほうだと、the cabsの楽曲をより美しくしているのはボーカルの声のおかげだと、個人的には思っています。
そのためthe cabsが解散したからといって代わりにKEYTALKを聴くようなことはなかったのですが、KEYTALKがthe cabsよりも活躍していっているらしい姿をたまに見かけると、嬉しい気持ちになります。ボーカルの首藤くんのことをよく知っているわけではありませんが、いまも音楽で暮らしているんだなあと、勝手におだやかな気持ちになります。

the cabsのライブはひとから誘われて一度だけ行きました。バスドラを蹴破っていたひとを観たのはこれで二回目だったと思います。あのときホイホイついていってよかったな、おかげでいい体験をしました。

そしてちなみに境界のRINNEのEDはパスピエ。わたしが昔好きで、でもあんまり知名度のなかったバンドがだんだんいろんなものとタイアップしたりライブの規模が大きくなったりとしていくのを見ると、これもまたおだやかな気持ちになります。みんないろんなところで頑張って暮らしているんだな〜。


今日はセッションみにいきます。楽しみ。




おわり