わたしたちに明日はない

映画をよく観てます

美容院に行ったよ



資格試験合格していました!良かったです。ああ良かったです。これで何かに追われることはしばらくありません。気が楽です。あとは卒業残すのみ。




今日は美容院に行きました。去年内定式がおわってすぐにブリーチをかけて以来、ずっとほったらかしにしていたので髪も伸びたし根元の黒い部分が俗に言うプリンのような比率になってきていたので、美容院にいってきました。
わたしは美容院でベラベラと話しかけてくるタイプの美容師が苦手です。人見知りなので、向こうからガンガンこられると、押され気味になるのです。そのためいつも牽制として本を持参します。わたしは美容院ではおしゃべりするのでなく読書をして過ごすタイプなのだ!と知らせるためです。
それでもやっぱり隙をみては話しかけてくることもあるので、まあそのくらいの頻度ならいいかと思わなくもないですが、やっぱりそのテンションについていけなかったりして、自分のコミュニケーション力のなさにげんなりもします。

そこで前回は、ホットペッパービューティーで美容院を選ぶときに、アットホームな雰囲気です♩とかそれに類似する文句が書かれている美容院を徹底的に避けて選んでみましたところ、これがけっこう効果があったらしく、ちょうどいい美容院をみつけました。
わたしを担当した人の話しかけ方もちょうどいいくらいで、内容もちょうどいいんです。ひとりシャンプーだけ担当してくれた女の人はベラベラ話しかけてくるひとで、そのひとはちょっと疲れたけど、美容院自体こじんまりしていて、担当してくれた担当の男の人とは、なんだか波長があった気がしました。
以前通っていた美容院の担当の方は、技術を尽くすぞ!という感が強く、もちろんそれはありがたいですし、仕上がりも良かったんですが、前回の担当の方は技術を尽くすのはもちろんだけれど、技術を尽くすぞ!という職人魂よりも親身になって考えてくれている感が強くて(今回はなかなかよくわからなかったミックス巻きの方法も伝授してもらいました。)、すごく良かったです。なので今回もこの方にお願いをしました。やっぱりちょうどよさを感じました。

それと、改めて自分は知らないことだらけで、なにかひとつを知ることですこし世界が広がるんだな、と感じました。わたしは髪の毛をワンカールさせることしかできない芸のない女だったのですが、そのミックス巻きさせる技を知って自分がこんなに変化できるというのをる鏡ごしで知り、人間はこうやってひとつひとつ学んで世界を広げていくんだなあとしみじみしました。たかがミックス巻きされどミックス巻き。




さいきんは後輩がテストでバタビタしています。わたしもバタビタしていた時期がありました。もういまはテストをひとつ受けるだけです。(ほかにもイタリア語をとっていましたがあきらめました)。単位の計算が間違っていないことをただただ祈るばかりです。
もうすぐ春がきますよ、怖い怖い。




おわり