読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flower of life

映画をよく観てます

私的映画メモ

 

☆最近観た映画(順不同)

 

・「はじまりへの旅」

・「レゴバッドマン ザ・ムービー」

・「アバウトタイム」

・「ファイトクラブ

・「夜は短し歩けよ乙女

・「ジャージーボーイズ」

 

    DVD含めると最近のなかではけっこう観た!感想をとてもとても書き綴っておきたい気持ちでいっぱいです。「夜は短し」とか原作の雰囲気再現度高くて満足!「ファイトクラブ」やっと観れたけどブラピのなかでピークではないかと思うほどかっこいい。「アバウトタイム」は毎日を過ごすスタンスを考え直すレベルで揺さぶられました、とてもすばらしい映画だった…。などなど。

    つぎは豪奢なお城と衣装目当てに「美女と野獣」観て、「ムーンライト」もなんとか拾って、菅田将暉くん目当てに「帝一の國」をみたいところ。

 

 

 

おわり

    

感想:「ジャッキー/ファーストレディ最後の使命」★★☆☆☆

 

    「ムーンライト」とどちらを観るか迷って、でもそういえばアカデミー作品賞をとった作品で直近3年以内くらいは観ても「とてつもなく良かった!」と思った映画ってなかったよなあ〜個人的に、と思い「ジャッキー」を観てきました。「ムーンライト」は大きめの映画館でやってたけど「ジャッキー」は小さな映画館での上映でしたので、はやめに終わりそうだったから、というのもあったんですが。

 

f:id:floweroflife:20170414135351p:plain

 

    感想は、主演のナタリー・ポートマン最高という一点張り。一点張りの一点張り。アカデミー主演女優賞はナタリー・ポートマンのほうがよかったのではと思ってしまうほど。けれどもほかはなんだかとっても微妙~。ケネディ大統領の奥さんジャッキーがケネディ大統領暗殺後に果たした最後の使命というあらすじ(サブタイトルまんまの説明)で、それだけでなんだかどきどきして勝手に期待値あげてしまってたのかもしれないけれど。上映中とて〜も眠かった…。

    衣装やナタリー・ポートマンの演技はとてもよかったのですが、なぜ微妙だったのかというと、わたしはあまりそのケネディ大統領暗殺の事実的背景には詳しくないので単なる印象なのですが、ジャクリーンことジャッキーさんかただの見栄っ張りにしか見えず。そういうふうな描き方を意図的にしているのかもしれないけど、わたしはそれだけにしか見えなくって…。

    最後の使命というのはケネディ大統領の葬儀を執り行うことだったわけなんですが、周りの人を振り回し子供を危険にさらしなんなんだねきみは!盛大な葬列を成せば人々は一生ケネディを忘れない、なんてことにはならないし彼女が葬式をどう執り行おうと、ケネディの生前のふるまいや行いでしか人々の記憶に残るか否かは左右されないと思うのよね。とかそんな感じで、確かに壮絶な体験だったわけだけど彼女に感情移入はできず(大統領の旦那さんが暗殺されたファーストレディに感情移入すること事態そもそもできないのかもしれないけれど)、定期的に流れる不穏な音楽と底抜けに明るいキャメロットの歌なども受け付けず、期待しすぎたなあと思いながら劇場をあとにしました。

 

 

おわり

私的映画メモ

 

 

    またもやこの季節がやってきた!わたしはこの季節が好きだし嫌いである。3月と4月の間。昨年はたいへん涙をながしてさみしがったものです。お世話になった先輩が都会へ栄転してはや丸一年。この一年、つらいときには、先輩がいてくれたら…と思ってしまったりしたものでした。

    もうわたしも3年目の社員。その事実は恐ろしい限りですが、もう先輩がいたらなんて甘えたことは思うまい!と決意した次第。

    今回の異動もわたしの社会人生活におけるスターティングメンバーが三人も出てゆくことになるので、なんとも言えない気持ちでいます。昨年と違ってさみしいだけではない心境ではありますが、2年前わたしがやってきたころからの記憶が目まぐるしく思い出される日々です。

    新しく入ってくる人たちが、良い人たちでありますように。というよりどんなひとであれ、良い関係を築けますように。緊張しますね!

 

 

    4月、観たい映画が盛りだくさんなんですよ!とても楽しみなんですよ。3月末には「ムーンライト」「ジャッキー」も公開されますから、わくわくです。全部観れるのだろうか…。

 

☆4月に観たい映画

4/1「レゴバッドマン ザ・ムービー」(来ました!)

           「はじまりへの旅」(リトルミスサンシャインっぽさ〜)

4/7「LION」(お世話になってますGoogleマップ

           「夜は短し歩けよ乙女」(原作ファンなので)

4/21「美女と野獣」(豪華絢爛な舞台と衣装目当て)

4/29「帝一の國」(菅田将暉目当て)

 

 

    予告をみてわくわくがとまりません。しあわせな四月になりそうです、以上です。

 

 

 

おわり

感想:「SING/シング」★★★☆☆

 

    適当に、いままで映画館などで目に着けば応募してみたりしていた試写会。数打ちゃ当たるというふうなことを上司に言われたけれど、そもそもどこで応募できるのかあまりわかっていないので、映画館で応募できるようなものしかしたことがない。雑誌とかテレビ局とか、よく試写会応募募っているらしいけれど。あんまりテレビ観ないし…。

    今回地方の映画館(最寄り)で応募してみたらなんと当たったので、友人を誘い合わせて行ってみました。劇場には見渡すばかりの親子親子親子…びっくりするほど子供ばかりで、キャラクターがオナラを連発するシーンではみな大爆笑(微笑ましい限り)、平日だからそうなるのかな。わたしも仕事を切り上げてバタバタ向かいました。

 

 f:id:floweroflife:20170316131638j:image

 

    ミニオンシリーズの映画が好き、というかミニオンが好きなので、ミニオンを生み出すイルミネーションの前作「ペット」も映画館で観ましたが中身のないこと…。わたしはイルミネーションの映画が好きというよりミニオンそれ自体が好きなんだと分かり、今回もそこまで期待をしていなかったのですが、「ペット」よりも全然良かったです。

    最近でいうと「ラ・ラ・ランド」といい「シングストリート」といい、良き音楽は映画を最高のものに仕上げますよね…「SING」も世に親しまれる音楽たちとともに動物たちがパフォーマンスするというだけでグッドです…。ストーリーはそこそこだったけれど、最後のステージできれいに締めて楽しく終わらせてくれたので、満足でした。

    ストーリーは、傾いた劇場を立て直すために音楽ショーで一発逆転を狙う劇場支配人コアラと、その音楽ショーに出ることで自分を変えたい、夢を叶えたい、一攫千金、などなど様々な想いを抱えた動物たちがオーディションに挑み、ステージにあがるんだぜ〜みたいな話なんですが。

    もっとグンターさん活躍しても良かったよ!いやステージでも輝いていらっしゃいましたけど、もっとロジータとの関係を深くしてほしかった!バディな感じを深めてほしかった!

    グンターとロジータのステージが一番好きかもしれない。ロジータの、日頃の主婦の顔を脱ぎ捨てて魅力的なひとりの女性として(ブタさんに女性というのは違和感…?)華やかに堂々とステージに立つ姿にすこし涙が…。

    でもね、ロジータが何十匹もいる子供たちと毎日仕事で疲れ果ていて周りが何も見えていない旦那さんの世話をするマシーンを作ってそれに任せ、代わりに自分はショーの練習に励むというところでさ、最後マシーンが壊れるまで誰もロジータの不在に気づかないのかわいそうすぎる。もうすこしはやく気づくべきだし気づいたあとに旦那さんからショーへの感想やわかりやすい熱烈なキスでなくもう一言かけてほしかった…。まあ誰も気づかないのがギャグなのだろうけども。

 

    ゴリラ親子のくだりも涙がでそうに…。ただゴリラのジョニー演じるスキマスイッチ大橋さんとその父ゴリラ演じる石塚運昇さんの演技力の差が気になったりならなかったり。けれど歌は安定のクオリティだったので、歌に重きがおかれていれば良しかな。

 

    どっかでミュージカル映画とうたわれていたけど、ミュージカルではないような…?確かに歌は歌うけどステージで歌うってだけで。

 

    あと、今年初映画で爆笑してしまったシーンがありました。わたしに限らずみんな笑ってました。いや予想はできたんだけど、その展開をまざまざと見せられると笑いがとまりませんでしたよ!

    お父さんが洗車事業してましたって前情報のときに「ブレイキング・バッド」のウォルターホワイトさんを思い出しました。なつかしいね。

    はりねずみちゃんが失恋をふっきるソングを歌いあげている姿をみたときは「はじまりのうた」のキーラナイトレイをぼんやり思い出しました。失恋は稼働力でもあるのだ!

 

    春休みにみるにちょうどよい映画だと思われます。音楽映画はやっぱり映画館でね!

 

 

おわり

 

私的映画メモ

 

    花粉症がおそろしい。花粉症のひとをみると不憫に思う。長い冬が終わり、待ちに待った春がやってこようとしているのに(まだみたいだけど。はやくしてほしい)、花粉症のせいで憂鬱にならないといけないなんて、かわいそうだ…。花粉症にはなりたくない…。

 

☆最近観た映画

・「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」(最高にSUKI)

・「ラ・ラ・ランド」(公開翌日に鑑賞。即サウンドトラックゲット、毎日るんるん)

・「素晴らしきかな、人生」(寝た)

 

☆最近観たい映画

・「ラビング 愛という名前のふたり」(サブタイトルが恥ずかしい)

・「モアナと伝説の海」(「How far I'll」になぜか魅力されてしまった…)

・「彼らが本気で編む時は」

 

 

    「SING」の試写会に当たったので行ってまいります。はじめて試写会に当たった!アニメはだいたい吹き替えで観る派ですけど、今回当たった試写会吹き替えなのが映画の内容的に「ウーン…」なんだけど、まあいっか。楽しみ。

 

 

 

おわり

感想:「アイデンティティ」★★★★☆

    下書きシリーズ第三弾。オススメの映画こそあげていかなければ…。そして記録として完成させなければ!とおもいました。今回はそれはもう簡潔な感想で。(2015年9月の感想)
 
 
    オススメされてDVDで鑑賞。はじめはなんとなくヒッチコックの「サイコ」みたいだなと思っていました。天気が悪くモーテルで…という。けれども、最後まで観たときにはもう「サイコ」の面影など微塵も残らず、「アイデンティティ」のアイデンティティが確立され、多大なインパクトを受けた作品となりました。
 
 
ストーリーは、大雨で立ち往生してしまった男女数人がモーテルに逃げ込むとそこで凄惨な連続殺人が起きてしまう、というもので、あらすじとしてはミステリーモノ的に鉄板な設定なんですが、なんかモーテルでの殺人の狂気という点で雰囲気的に「サイコ」のようなサイコ感を感じつつもベタな展開が続く、途中からいきなりそのベタさや王道路線からいきなり様相を変え、かつ最後にはもう一度ひっくり返す展開にまんまとひっかかってしまったわたしは、すなおに「やられた〜!」と思いました。
    短い時間のなかでハラハラドキドキ、そして最後のどんでん返しに大満足の作品です。言うことがほかにないくらいオススメ。ほんとうにオススメ。
 
 
 
おわり

感想:「何者」★★★★☆

 

    下書きからシリーズ第二弾、この映画も個人的に激推しで熱く感想をわりと長くしたためてあったのになぜかアップしていませんでした。

 

 

 

 

 f:id:floweroflife:20170221183956j:image

 

    休日、予定と予定の間があいていたので映画でもみようとおもって、「ガール・オン・ザ・トレイン」がなんとなくそのとき観たかったのですがちょうどいい時間になく…。時間的にタイミングがよかったのでそこまで観るつもりはなかった「何者」を観ることに。

    なんとなくチャラそう(ディスではない)だし約90分だしお手軽〜と思って観たのに、映画が終わりエンドロールで主題歌「NANIMONO」が流れ始めた途端なぜか腹の底からこみ上げるような涙が…。「なんで?!」とその涙を不審がる気持ちもあって、そこはグッとこらえましたけどね…なぜか涙が…ああ…。

 

    とてもグサグサくる心に痛い映画でした。思いあたることがたくさんありすぎてしにそうになる。特にわたしは就活経験がまだ記憶に新しく、就職してからまだ何年もたっていません。

    あのたった半年でわたしは自分の人生を半ば決定付けてしまうような判断を下し、結果その仕事を楽しんだり苦しんだりしながら職場の人たちにも恵まれて、「悪くないな」と思う反面わたしはなんでこんなことをしているんだろうもっとやりたいことがあるんじゃないだろうかと、いまもなお「何者」にまだなりきれてない感が半端ない若者なのです…。きっともうあと何年かしても転職せずにいれば、このままこの仕事がわたしの生き甲斐にまではならなくとも自分のアイデンティティに取り込まれることになるのでしょう。

    かといってほかになにかやりたいことがあるのかと言われれば、現状恵まれたほうだと思っている職場(支店にもよるのであくまで現状ですが)を自ら離れてまでやりたいと思うことはとくになく。転職する気もとくになく。なんて夢のない人間なんだろうと思ってしまいますよね〜。

    好きなことやりたいことではなく、与えられた仕事を自分のやり方でやるというのが、これが大人になるってことなのか…。「セクシーボイスアンドロボ」というドラマ(原作は漫画)を観ていてそんな内容で雰囲気のセリフがあったような。当時学生だったわたしにはふ〜んでしたが今は痛いほど…。

 

    とにかく感じ入ることが多くありすぎてそして、最後には送り出してくれてる感あるラストにやられ、もうとってもいい90分でしたよ〜。有村架純ちゃんかわいいとおもったことなかったけどちょうかわいかったよ〜白くてぷくぷくしてるのがとてもかわゆい。

    あと菅田将暉くんの役けっこう好き〜あのバンドマンでテキトーやってるけどわりとやらなきゃいけないときはなんだかんだいいつつがんばっちゃえる主人公気質も併せ持ちつつロマンチックな面もありなとこすき〜。

    そして主人公佐藤健佐藤健と気づかなかった。エンドロールで「そっかそうだったか!」と思い出すという。二階堂ふみちゃんは「立ってられないから」演技が印象的すぎて多分しばらく覚えてる。岡田くんもそれっぽさ半端なかった。(簡潔)

    とりあえず役者陣とてもよかった〜好きだった〜。

 

    最後にしっかりと?どんでん返しというかバラしというか、ひと盛り上がりできる映画です。オススメ。誰しも思い当たることが過去にあるはず。

 

 

おわり